のりちゃんのタロットランド

タロット占い師NORI STAR CREAMの世界へようこそ

  1. 日々のあれこれ
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

「虫の知らせ」を本当に体験した話

PNGイメージ-924C8CC69D89-1

こんにちは、のりちゃんです。ウィガーディアムレビオーサとアクシオを使いたいです。

昨日変な姿勢でブログを書いていたら腰を思いっきり痛めてしまいました
正直めちゃめちゃ辛すぎて地面を這いつくばりながら生活しています
アルカナの方もちょっとログインが難しいです、、、つらいよ〜〜!

今回は

「虫の知らせ」は本当に存在するんだよ
ていうかのりちゃんが実際に体験したんだよ


を書いていこうと思います。


(マジな虫の話が出てくるので注意です)


 

虫の知らせっていうとよく漫画のワンシーンである

「……ハッ!◯◯くんが危ない!!」
(そのまま走って主人公の元へ急ぐ)

という具合でヒロインが主人公の危機を察知するみたいな……
そんな印象がありますよね。

私の場合、何度か体験した事はりますがそのうち3つを紹介させていただきます。



私が中学1年生の頃
それは梅雨の時期、雨上がりの夜でした。
空気はじめっとしていて、まだ完全に夏ではないものの
少し汗ばんでいた記憶があります。

「お風呂できているから、早く入ってね。」
「はぁーい。」

母の声が聞こえ
絵を描く手を止め、私はお風呂に入る支度をしました。
着替えを腕に抱え脱衣所のドアを開けると
「もわ」と、
独特の、湿気を多く含んだぬるい空気が広がる。
私は反射的に足を止め

「……やばい、ここ、いる気がする。」

いる。絶対にいる気がする。
頻繁には出ないけど、今日だけはいる気がする。

異様な空気感に私の肌が一気に凍りつく。
「……でも、違うかもしれないし。」
ぐっと堪え
ゆっくり、浴室の重い引き戸を開けてみると

やはり、

湯船の壁にナメクジがいました。





はい、こんな感じなんですけど
私は元々うねうねしている系の虫が大の苦手なんですね。

で、なぜか虫の知らせで虫を察知する能力があるみたいなんです。
このお風呂場事件の他にも

・夜中、洗面所にいる時「ゴキブリ出てきそうだな」って思ったら本当にその直後出てきたり。

・夜中、とある公園の木にて「ここ絶対気持ち悪い虫いそうだな」って思ったら本当にナメクジだかヒルだかよくわからないでかいヤツが這いつくばっていたり。

もうね、「出そうだなー」って予想していてそれが当たっても結局叫び声は出すんですよね。
ゴキは退治できるけど、どうもうねうねしているのには勝てないのでだいたい逃げています。

これ引き寄せの術とかと何か通ずるものってあるんですかね。。。

そんなかんじで
みなさん、虫の知らせや直観力は大切にしましょう。信じれば力はさらにつきます。
私はなるべくウネウネしている虫とは出くわさないように意識して毎日を過ごします。
そろそろ腰が爆発しそうなのでブログもこのへんにしておきます。
ではまた!!

関連記事


 管理者にだけ表示を許可する